ネーブの廃盤のお知らせと、新しい革ヴェルドンのお知らせ


こんにちは。いつもPhoenixをご利用いただきありがとうございます。

最近はYoutubeで情報収集をされている方も多いと聞きますし、SNSなどの短文の方が読まれやすいと言われています。

なので、今回のブログはまず内容を簡潔に、でもちょっとブログとして読んでほしいことも織り交ぜながら、極力情報量少なく発信させていただきます。

 

そんなわけで、はじめのお知らせは「ネーブの廃盤」です。
ちゃんとフォローもありますので、そこまでは読んでくださいね。


惜しまれつつ引退のネーブ

 

ネーブが廃盤となります

発売以来、その優しい風合いと経年変化の妙を楽しめると好評だったネーブですが、この度廃盤となります。

というのも、少し前に製造元タンナーから値上げのお知らせが来たのですが、ちょっと異次元の値段とでも言いましょうか。通常の革の値上げであれば、安定した材料供給というのが我々の使命ではありますので、ロットをまとめたり、販売コストを下げる努力をして販売を維持するのですが、今回の値上げはあまりにも現実味のないものでしたので、頭を抱えてしまいました。これ、無理やん…、と。

これは別にそのタンナーさんがぼったくっている、というわけではなく、円安やイタリア現地の経済の状況などを鑑みると、理解はできる部分は大いにありました。

しかしながら、我々のような小売業者として、新しいその価格と革素材としての価値、市場のバランスを見たときに、これはこの値段では出せないな、と判断した次第です。

これに伴い、ネーブはA4サイズのものも含めて、”在庫限り”の販売となります。

 

新しい革、ヴェルドン

【お詫び】現在入荷が遅れております。2024年2月下旬頃の入荷予定です。

 

もちろん、廃盤を決めたからには後継の革を探すのが使命です。
国産の革も含めて、あちこちリサーチをしました。

そして巡り合ったのが、新しい革ヴェルドンです。

名前の由来は南仏にあるヴェルドン渓谷から。
雪解け水が流れ込み、非常に美しい風情のある佇まいです。

ググってみても美しい風景に心が癒される。

製造元のタンナーはトスカーノリスシオでお馴染みのconceria 800社(コンチェリア オットチェントと読みます)

このタンナーにうちのオリジナルレザーとして製造を依頼しました。

 

ヴェルドンってどんな革?

写真を用意いたしました。こちらご覧ください。

どうでしょう??

今までのネーブとほぼ遜色のない仕上がりで、違いがほとんどありません。

イタリア産バケッタレザーをベースに、ホワイトワックスで仕上げてもらってます。

色はやはりタンナーが違うせいか、若干の違いはありますが、なるべくネーブのそれと同じようにオーダーしましたので、そこまで大きな違いはないかと思います。

せっかくなので、写真を何枚か載せます。

もちろんA4サイズも販売します!

ちょこっとだけ欲しい、試しに使ってみたい

というときに便利なA4サイズ革もご用意しております。
うーむ、こうなると見た目がほとんどネーブと一緒だ。。。

まずはお試し買いからぜひ♪

 

いつから販売は開始するのか

現在、鋭意準備中です。

今後の流れとしては、

 

1 在庫分ネーブの割引販売

2 ヴェルドンの準備完了
(2024年2月下旬頃予定)

3 売り切れ次第ヴェルドンをリリース

という運びになります。

なおヴェルドンの準備完了は来年1月頃を予定しております。

なのでヴェルドンがほしい!というのは少しお待ちいただいて、まずはネーブをみんなで使い切りましょう。その方がきっと地球にもお財布にもやさしい(?)はずです。

サンプル帳は12月半ばからリリースします

現在一番準備に時間のかかるサンプル帳の準備を進めております。
台紙に革をペタペタ貼っております。

リリースまで今しばらくお待ちください。サンプル帳は準備が出来次第リリースいたします!

今回はネーブの廃盤、それに伴う新しい革ヴェルドンのご紹介でした。

 

(2023年12月15日に先駆けて サンプル帳 のみ販売開始!!)

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

過去の関連blog:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*